ヘアスタイル

【-5歳若く見せたい!】髪型で気にすべき2つのポイントとは

更新日:

【ー5歳若く見せたい】というのは、女性にとって、永遠のテーマです。若く見せるにはお肌だけでなく、髪型もとても重要な要素です。

年齢とともに、お肌だけでなく髪もハリコシがなくなり、ボリューム感がなくなってきます。パサついていたり、増えた白髪を放置したりすれば、疲れているように見え、一気に老けて見えますよね。

スポンサーリンク

今回は、ヘアスタイルで、-5歳若く見えせるために知っておきたい2つのポイントをご紹介します。

 

-5歳若く見せるポイント① ボリューム感

年齢が上がるごとに、髪の毛のハリ・コシが失われ、また髪の毛の量自体も減ることから、ボリューム感はだんだんと失われていきます。一番年齢を感じさせるのはトップのボリューム感です。

例えば白髪があったとしても、髪の毛自体にハリ・コシがあり、ボリューム感があると、若々しく見えるのですが、ボリュームがなく、頭皮が透けて見えたり、髪の毛が頭皮にぺたっと張り付いているように見えると、老けて見えます。

ロングヘアースタイル

ワンレングス(トップと毛先の段差のないヘアスタイル)のロングは、特に髪の毛自体の重さでトップが潰れやすいです。分け目はなるべく付けないようなヘアスタイルがおすすめです。

ハリ・コシの出にくいタイプの方には、トップはレイヤーを入れて(段差をつけて短くする)ふんわりさせやすくすると良いでしょう。ハリ・コシが出にくい人は、セットローションをつけてから、コテやカーラーでトップだけ巻いて、ボリューム感を出します。

毛先が重すぎると、トップとのコンストラクトでよりトップが寂しく見えがちなので、毛先は適度に軽くして、動きを出します。コテやパーマなどで大きめなカールをつけるのもおすすめです。

 

ミディアムヘアー

ミディアムヘアーは、鎖骨より下、バストよりは上くらいの長さです。

トップにボリューム感があるように見せるには、ひし形シルエットを目指します。ひし形シルエットに見せるには、トップにレイヤーを入れる方法と、髪の毛の内側を軽くする方法があります。

どちらが良いかは髪質によって変わります。膨らみやすい癖のある人は、トップを短くすると髪型が爆発しやすいので、内側を軽くしたほうが良いと思いますが、担当の美容師さんとご相談されてみると良いでしょう。

ショートヘアー

ショートヘアーは、ハリ・コシが出にくい人には最もおすすめです。

ショートにしてもボリュームが出にくい人は、髪の毛に立ち上がりが出るようなパーマをトップにかけると良いでしょう。

-5歳若く見せるポイント② ツヤ感

艶がなく、髪がパサパサだと、疲れているように見え、老けて見えます。

まず、傷んでいる毛先は、こまめにカットして取り除きましょう。

ブローで癖を伸ばすと、くせ毛の人でも髪にツヤ感が現れますが、難しい場合は縮毛矯正がおすすめです。

ヘアカラーは寒色系はパサついて見えがちなので、暖色が良いと思います。ヘアカラーをすると髪が傷みやすいので、トリートメントをこまめにして、髪が傷まないように気をつけましょう。ヘアマニュキュアは、髪を傷めることなく、ハリ・コシ・ツヤが出るのでおすすめです。

 

まとめ

今回は、ヘアスタイルで-5歳に見せるためのポイントを2つ、ご紹介しましたがいかがでしたか?

-5歳に見せるための2つのポイントは、ボリューム感とツヤ感でした。

トップにボリュームを出すには、トップは長くしすぎないで、ふんわりさせると良いでしょう。

ツヤ感を出すには、傷めないように気をつけることです。

次のヘアスタイルを変えようというタイミングの時に、ご参考になればと思います。

スポンサーリンク

「みにー」です。

みにーです。美容師歴は15年。 大学在学中に美容師になることを決意し、大学卒業後に美容の道へ進みました。東中野の個人店で数年間みっちりと修行をし、一時は銀座の美容院でバリバリ働いていました。

今は子育てをしながら、地元の美容院でマイペースにお仕事をしています。

  • この記事を書いた人
nakanishi-mirei

みにー

中西 美玲です。ニックネームは「ミニー」です。 美容師歴は15年。今は子育てをしながら、マイペースに美容院で働いている、ママさん美容師です。 15年間に積み重ねてきた美容師としての知識や経験を、あなたの「素敵になりたい!」という気持ちのお役に立てればと思い、ブログをはじめました。 どうぞよろしくお願いします。

-ヘアスタイル

Copyright© 「素敵になりたい!」を叶える , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.