ビューティー

暑い季節に忘れやすい【腕・脚】のお手入れで気をつけたい5つのこととは?

投稿日:

少しでも若さを保ちたくて、誰しもお顔のケアは頑張るのですが、腕や脚のケアは忘れがちではないですか?暑い季節になってくると、腕も脚も露出部分が増えますが、乾燥してカサカサしていると、そこから年齢を感じさせてしまいます。

年齢を重ねることによって、全身の皮脂分泌が少なくなりますが、身体の部位でも「腕」や「すね」「足」は特に皮脂腺が少ないので、カサカサ、乾燥しやすい部分なのです。

夏場は冬と比べると、湿度が高く、外気温も高くて汗をかいたりもするので、感覚としてはあまり乾燥しているようには感じられないので、ついケアを忘れてしまいがちですが、実際のお肌の水分量を測定するとかなり低いという事があります。

汗が気化したり、夏場の室内で冷房が効いて空気が乾燥していたり、冷えて血行が悪くなったりするとお肌が乾燥しやすくなるのです。

乾燥を放置していると、お肌のバリア機能が弱まり、粉を吹いたり、痒くなったりします。痒くて掻いてしまうと、お肌自体を傷つけてしまうこともあります。そこからシミやシワが生まれ、悪循環に…。

今回は、暑い季節につい忘れがちな【腕・脚】のお手入れ方法について、お伝えします。

スポンサーリンク

腕や脚のお手入れ方法

1.身体を洗うときはこすりすぎない

ナイロンタオルでゴシゴシこすり洗いはNGです。お肌の角質がボロボロになり、一気にカサカサ肌になってしまいます。身体を洗うときは、フワフワに泡立てた泡で優しくなでるように洗いましょう。

お肌の乾燥が気になる時には、石鹸で毎日洗うと皮脂をとりすぎてお肌の乾燥が進んでしまう場合もあるので、洗いすぎに注意しましょう。

2.お湯に浸かる

暑いからといって、汗を熱いシャワーでサーっと流すだけでは、芯が冷えた体は温まりませんし、熱いシャワーのお湯で皮脂が流れ、さらにお肌が乾燥してしまいます。38度くらいの湯船につかると良いです。その時、暑い日はミント系のエッセンシャルオイルの入ったバスソルトを使うと、お風呂上がりにさっぱりとした爽快感を得られるので、おすすめします。

バスソルトの効能

バスソルトにはマグネシウムやナトリウムなど、必須ミネラルが含まれており、汗腺に入ることで身体の老廃物を排出し、発汗作用により、体温の低下を防ぎます。血行を促進し、冷え性を改善します。

また、塩には肌への吸着作用があり、皮脂の分泌を促すので、肌にしっとりと潤いが生まれます。

全身、お湯に浸かるのが辛い場合は、足湯でも、冷え性を改善したりむくみを解消する効果があります。

3.化粧水をしてから保湿クリームやオイルを塗る

お風呂上がりに保湿をしないと、お肌の乾燥が進んでしまいます。お風呂から出た後、すぐに保湿剤を塗るのが大事なのですが、ポイントは【まず水分を補給する】ことです。

セラミドなどの保湿成分が入っている化粧水をお肌になじませてから、保湿クリームやオイルを塗りましょう。オイルやワセリンは保湿成分自体は入っていないので、肌にあらかじめなじませた水分を、油分で蓋をするイメージです。

保湿クリームを塗るときには優しく円を描くように腕や脚の付け根から末端に向けて、大きく円を描くようになじませるとマッサージ効果があり、血行も促進します。

4.外出の際は日焼け止めを塗る

肌は日焼けをすると、乾燥します。日焼けによって皮膚が熱を持ち、皮膚の水分が蒸発してしまうのです。

また、紫外線はお肌のハリやツヤの元である真皮のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を変性させ、表皮のメラニン色素を黒く反応させシミの原因にもなります。

紫外線の強い季節には日焼け止めを塗り、紫外線対策を行いましょう。

※紫外線対策についてはこちらをお読みください!

もし日焼けをしてしまった場合には、お肌にしっかり水分補給してから保湿剤を塗ります。

5.お砂糖を取り過ぎない

普段からお砂糖を取りすぎると肌が乾燥しやすくなります。

お砂糖や糖質のものを食べると血糖値が上がりますが、血糖値が急激に上がるとインスリンというホルモンが大量に分泌されます。インスリンが大量に出ると毛穴を塞ぐ作用を起こし、毛穴から皮脂が出にくくなり、お肌が乾燥しやすくなるのです。

甘いお菓子やジュースを食べ過ぎないように気をつけ、ご飯を食べるときは繊維質の多い野菜から食べるなど、血糖値が急激に上がらないように工夫すると良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、暑い季節につい忘れがちな【腕・脚】のお手入れ方法について、お伝えしましたがいかがでしたか?気をつけたいことは5つありました。

  1. 洗うときはゴシゴシこすり洗いは避け、ふわふわの泡でなでるように洗いましょう。
  2. シャワーだけではなく、ぬるめのお湯につかりましょう。
  3. 保湿をするときはセラミド配合の化粧水をつけてから、保湿クリームやオイルを塗ります。
  4. 外出の際は日焼け止めをわすれずに、もし日焼けをしたら、しっかり保湿しましょう。
  5. お砂糖のとりすぎにも気をつけましょう。

この記事が、あなたのお肌のカサカサ乾燥を防いで、-5歳を叶えるお手伝いが出来たら幸いです。

スポンサーリンク

「みにー」です。

みにーです。美容師歴は15年。 大学在学中に美容師になることを決意し、大学卒業後に美容の道へ進みました。東中野の個人店で数年間みっちりと修行をし、一時は銀座の美容院でバリバリ働いていました。

今は子育てをしながら、地元の美容院でマイペースにお仕事をしています。

  • この記事を書いた人
nakanishi-mirei

みにー

中西 美玲です。ニックネームは「ミニー」です。 美容師歴は15年。今は子育てをしながら、マイペースに美容院で働いている、ママさん美容師です。 15年間に積み重ねてきた美容師としての知識や経験を、あなたの「素敵になりたい!」という気持ちのお役に立てればと思い、ブログをはじめました。 どうぞよろしくお願いします。

-ビューティー

Copyright© 「素敵になりたい!」を叶える , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.