ビューティー

【美肌を叶える】クレンジング(お化粧落とし)の種類と正しいクレンジング法

更新日:

しっかりメイクの方はもちろん、ナチュラルメイクの方も、正しい方法でクレンジング(お化粧落とし)を行うことは、美肌を保つ上で重要です。

クレンジングには、オイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ、拭き取りシートタイプなどの種類があり、選ぶときに悩みませんか?

今回は、クレンジングの種類と正しいクレンジングの方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

 

 

クレンジングの種類と選び方

クレンジングは、お使いのファンデーションのタイプによって、使い分けるのが基本です。

しっかりメイクのファンデーションは油分が多いのでしっかり落とす必要があり、薄づきの粉タイプは落としやすいので、マイルドなものでも充分に落ちます。

また、ポイントメイクは、ベースメイクとは別に考えます。ポイントメイクはベースメイクより先に落とす必要があります

お肌の敏感な方は、マイルドなものをお使いいただけると良いでしょう。

オイルタイプ

しっかりメイクのファンデーションをしっかりと落とすには、オイルタイプのクレンジングがおすすめです。ただし、まつエクを付けている人は避けたほうが良いです。

オイルタイプのクレンジングは、製品の使用方法をしっかり守ることが基本です。手が濡れていても使えるものと、乾いた手で使うものがあるからです。

クレンジング料を手にとった後、Tゾーン、頰、おでこ、アゴへと、クルクルらせん状に、顔全体になじませます。

なじませた後、少量のお湯を足し、オイルを乳化させてから流します。乳化させると、オイルが白っぽい水状になります。

乳化させることで、オイルをすっきり洗い流すことができますが、乳化させないとクレンジング成分が残るので注意が必要です。

リキッドタイプ

リキッドタイプのクレンジングも、しっかりしたメイクを落とすことができるものが多いです。

主成分が水なので、サラッとした使い心地です。オイルが含まれているものと、いないものがあります。マツエクをつけている方はオイルフリーのものを選ぶと良いでしょう。

リキッドタイプのクレンジングは、ヌルツキが少なく、洗い流すときに再付着しにくいという特徴があります。お風呂の中で使えるものが多いです。

商品によっては、コットンに含ませて、拭き取ることで、手軽にメイクを落とせるものもあります。

基本的には、手に取り、頬からTゾーン、あご、額になじませてから、ぬま湯で洗い流します。泡立てるタイプのものは顔に付ける前にしっかりと泡立ててから顔になじませます。

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、肌への吸着性、肌への馴染みがよく、弾力性があるので、なじませる時に肌との摩擦を抑えることができます。

しっかりメイクの方は油性ジェルタイプ、ナチュラルメイクの方はオイルイン水性ジェルタイプ、マツエクをつけている方はオイルフリーの水性ジェルタイプのクレンジングを選ぶと良いでしょう!

ジェルタイプのクレンジングは顔や手が濡れているとしっかりとメイクを落とせません。乾いた手で使いましょう。頬からTゾーン、アゴ、おでこにクルクルとらせん状になじませた後、ぬるま湯で洗い流します。

油性ジェルタイプ、オイルイン水性ジェルタイプのクレンジングは洗い流す前に乳化が必要です。

クリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは、メイクをしっかりと落とすことができますが、お肌への刺激が少なく、敏感なお肌の方にオススメです。

ナチュラルなメイクを落とすのに向いています。

クリームタイプのクレンジングは、拭き取るものと洗い流すものがありますが、お肌が敏感な方は、摩擦の刺激を避けるために、洗い流すものがオススメです。

テクスチャーは、商品によって様々なので、メイクとの馴染みや、洗い上がりのしっとり感で選ぶと良いでしょう。

ミルクタイプ

ミルクタイプのクレンジングは、なめらかなテクスチャーで、優しい仕上がりのものが多いです。お肌が荒れやすく、敏感な方にオススメです。

ベースメイクで落とせるものは、パウダータイプのもの、BBクリームです。お湯で流すと取れるマスカラや薄いアイメイクは落とせます。しっかり系のアイメイクや口紅は先に別に落とすことをおすすめします。

ウォータープルーフの日焼け止めは落とせないので、ウォータープルーフの日焼け止めを使う場合は、違うクレンジングを選びましょう。

手に取り、頬からTゾーン、アゴ、額にくるくるとらせん状になじませた後、ぬるま湯で洗い流します。

シートタイプ

シートタイプのクレンジングは、シートにオイルタイプのクレンジングや水タイプのクレンジングが含まれており、拭くだけでサッとメイクを落とすことができます。疲れていてクレンジングする気力がないとき、拭き取るだけで落とせると楽ですね。

摩擦をおこしやすいので毎日使いは避けたほうが良いでしょう。また、拭き取る際の力加減には気をつけましょう。

液状ではないので、持ち運びやすく、部分的に使いやすいので、カバンなどに入れておいて、ポイントでお化粧直しに使うのがおすすめです。

ポイントメイク用

バッチリ濃いアイメイクや、口紅は、ベースメイクより先に、専用のクレンジングで落とすことをおすすめします!

ファンデーションの上にリキッドのアイライナー、アイシャドウ、ウォータープルーフのマスカラなど、濃いアイメイクや口紅は油性のコスメが複合的についているので、ほかの部分より落としにくいメイクです。肌に残ると色素沈着やシミ・シワの原因になります

ポイントメイク専用のクレンジングは洗浄力が強いので、過度に力を入れなくても落とすことができます。

目元や口元は皮膚が薄く、こするとシワになりやすいので、コットンにたっぷりふくませたら、軽く押し当ててメイクを浮かせて落とします。

ポイントメイク以外の部分には使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、美肌を叶えるための、クレンジング(お化粧落とし)の種類と正しいクレンジング法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

クレンジングはお肌に負担をかけやすいお肌のお手入れになりますので、ベースメイクの濃さや肌質に合わせてクレンジング料を選びましょう。商品についている使用法を守るのが大切です。

毎日のクレンジングを正しく続けることで、5年後、10年後のお肌が変わります。いつまでも若々しいお肌を保つためにも、気をつけたいところですね。

スポンサーリンク

「みにー」です。

みにーです。美容師歴は15年。 大学在学中に美容師になることを決意し、大学卒業後に美容の道へ進みました。東中野の個人店で数年間みっちりと修行をし、一時は銀座の美容院でバリバリ働いていました。

今は子育てをしながら、地元の美容院でマイペースにお仕事をしています。

-ビューティー

Copyright© 「素敵になりたい!」を叶える , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.